top of page

いま手元に1億円があるなら「不動産」「太陽光発電」にも分散投資すべき理由



いま手元に1億円があったら、どんな資産に投資するべきか。人気投資ブロガーのたぱぞうさんは「すべて株式というのはちょっと怖い。私なら不動産や太陽光発電といったハードアセットに分散投資する」という――。


1億円の資産があり、それを年利3%で運用すれば税引き前で年間300万円、2億円あれば600万円のリターンが得られます。年間300万円得られるなら、独身ならば数字上ではセミリタイアは不可能ではありません。

しかし株式1億円だけでセミリタイアするのは怖いと思う人は少なくないと思います。なぜなら、株式は変動が大きいためです。私も、株だけに集中投資するのは市場変動のリスクが大きいと感じます。ストレスも強いです。

基本的なロジックから言えば株式に債券を組み合わせるところですが、低金利の状況下で債券では旨みがなく、運用効率が落ちてしまいます。そこで私が選んだのが、不動産や太陽光発電といったハードアセットへの分散です。

運用効率を考えると、資産管理法人を作り、株で積み上げた資産を元手に不動産や太陽光発電などのハードアセットに投資するのは理にかなっていると考えられます。

というのも、家賃収入や太陽光の売電収入は株式相場ほど変動しないからです。ボラティリティが大きいのは株式の宿命です。それが株式の魅力でもあり、弱点でもあります。そこで資産の一部を分散し、安定運用のために不動産や太陽光で運用する、ということです。


Комментарии


bottom of page