top of page

あなたに合った資産づくりの方法


資産づくりには「全員にとっての正解」はなく、ご自身のライフプランに合わせて行うことが大切です。

STEP1で将来必要になる費用を確認し、STEP2~4で現状の資産を把握し、さらにあなたに合った資産づくりの方法を確認してみましょう。


人生にはさまざまなライフイベントがあります。主なライフイベントと必要な費用を確認してみましょう。


  • 1年間の留学にかかる学費・居住費・生活費・渡航費

  • 幼稚園から高校まで公立、大学のみ私立の場合

出所:総務省「家計調査年報(家計収支編)」平成30年家計の概要、文部科学省「子供の学習費調査(平成28年度)」、「私立大学等の平成29年度入学者に係る学生納付金等調査結果について」、公益社団法人国民健康保険中央会「出産費用 平成28年度」、その各種資料を参考に楽天証券試算


1日常生活で使うお金

日常の生活費など、必要な時にすぐ使えるように準備しておくお金です。 家賃や食費、光熱費等の月々の生活費を把握し、その上で、約3カ月~6カ月分の生活費を手元にいつでも引き出せるよう、預金で確保しておくことをおすすめします。

2目的が決まっているお金

留学、起業、結婚、出産、住宅購入やお子さんの教育資金といった、将来使う目的やタイミングが決まっているお金です。リスクを抑え、コツコツと準備していく資産形成の方法がおすすめです。毎月決まった金額をコツコツとためていく「積立型預金」や、毎月決まった額の保険料を払うことで、子どもの成長に合わせた進学準備金や満期学資金を受け取ることができる「学資保険」などがあります。また投資信託であれば、安定運用でリスクは抑えつつ、着実に増やしていくタイプのバランスファンドでの運用がおすすめです。

おすすめの資産形成の方法

  • 積立型預金

  • 学資保険

  • あまり値下がりの心配をしなくていい、リスクを抑えた投資信託

  • おすすめのファンドはこちら

3目的が決まっていないお金

目的が決まっておらず、当面使う予定のないお金です。実際に使うまでに時間の余裕があるため、多少リスクをとって、じっくりと資産を育てていくことができます。少額から始める場合は、毎月一定額を積立投資していくという方法がおすすめです。


最新記事

すべて表示

コメント


bottom of page